iPhoneのApple Payが超便利すぎて財布いらん。マジで

Apple

こんにちは。

最近の僕のお財布事情を説明したくてたまらなかったので記事にすることを決意しました。

最近財布を持ちません。

結構ガチです。

出かけ先で現金がないーってなっても安心なのです。

タイトルでモロバレしてますがApple Payのおかげです。

クレカをApple Payで利用

クレジットカードをほとんどの場所でApple Pay経由で使っています。ほんとにほんとに便利なんです。

お財布を出さずに端末に「ピッ」と。

登録さえしておけば特に操作をすることなく支払機に近づけるだけでウォレットアプリが起動。

セキュリティー面

もちろん形は違えどクレジットカードなのでセキュリティーは万全。指紋認証をクリアしなければ支払いが始まることはありません。

支払い記録もiPhone内にバッチリ残っているので安心です。支払いをした地名と金額が表示されます。

交通系ICカードも利用可能

App Storeにて公式アプリが配信されています。

名前を隠したが若干見えてしまうのはしょうがない。この画面のようにクレジットカードからSuicaにチャージができます。急いでいる時の改札で「残高が足りなかった!」って事件がなくなりましたね。iPhoneの画面で残高が確認できますので!

Suicaは指紋いらず!

交通系ICであるSuicaを使用する際はクレジットカードと違いチャージしてある金額の範囲での使用となるため、指紋認証は必要ありません。

改札前で指紋認証は煩わしいですし、スピーディーで大変よろしい!

電池切れの時はどうなるの?

誰もが気になる電池切れ。改札から出られなくなったりしたら困ります。そこで実践してみました!

クレジットカードの場合

Apple Payでのクレカ支払いに関しては電池切れ状態では一切使えません。カード会社との通信が必要になることや指紋認証が必要であるため本体が起動できない状況下での支払いはできませんでした。

交通系IC(Suica)の場合

こちらは驚くことに使用できました。電池切れの状態でも改札に反応したのです。クレジットカードと違い、端末内にチャージしてある状態なので通信は必要ありません。指紋認証も必要ありません。

なぜか気になったので調べてみると、

端末内の電力がすこしでも残っている状態であれば自動改札には反応する。

とのことでした。

すこしの電力とは電源ボタンを押した時に画面に電池切れを示すバッテリーマークがつきますよね?画面にそれが表示されれば大丈夫だそうです。ただし、チャージされている金額は確認できませんので普段使っているカードタイプと同じような感覚になるかと思います。

対応機種

現在2018/08/25現在ではiPhone7以降(iPhone 7 7Plus 8 8Plus X)のみとなっております。iPhone6SはApple Payの機能を備えたチップは内蔵されていますが日本規格ではないため国内においての利用はできません。

まとめ

どちらの機能も今やなくてはならない存在となってしまいました。本当に便利です。電池が切れた状態でも使える機能があることにはおどろきました!!!

登録のやり方などは、とても簡単ですので是非試してみてください。要望があれば登録方法も記事にします!皆さんも身軽な格好でお出かけしてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました!また別の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました