1泊2日!【格安】ユニバ旅!

暇トーク

こんにちは。

ユニバとミニオン大好き男ことRYUです。

なんのステマでも広告でもない。

どれだけ快適にゆったりとユニバーサルスタジオジャパンを満喫するかという目標を達成するため。自分なりに格安でプランを考えたのだ。

大人2人でのプラン。

そう。リア充というやつだ。(えっへん)

クリスマスシーズンという繁忙期

もちろんイベントがない時期は物足りないためクリスマスシーズンに。

多少の混雑は覚悟の上。。。。

結論から言うと死ぬほど楽しめて帰っきた。ユニバなら誰でも行ける。卒業シーズンや長期休暇であれば足を運ぶ人も多いだろう。

だがしかし、ゆっくりと過ごすにはどうしても【1泊】したい。ユニバ初心者(わたくし)にとっては宿泊という少々ハードルの高い点にこだわってホテルをメインに紹介しようと思う。もちろんパーク徒歩圏内で。

なんども言うが、「ホテルからは一切報酬は受け取っておらず、完全に個人の意見でべた褒めしまくった記事」となっている。

では行こう。

 

 

まずはホテル選びだが、ユニバーサルスタジオの「パートナーホテル」という提携ホテルが多くある。どうやら10以上存在するようだが、ユニバから徒歩1分の

ホテル近鉄ユニバーサルシティ

ホテル近鉄ユニバーサルシティに決定。

なぜならユニバに行くときに(電車移動であれば)必ず目にするエントランスだったからだ。単純に目印があってわかりやすい。

巨大なクッキーモンスターエルモと記念撮影をした人は多いだろう。

そう。この入り口こそが「ホテル近鉄ユニバーサルシティ」の入り口だ。

事前に予約していたため、スムーズにカウンター処理をしてくれた。

 

スケジュール

予定としては

1日目
8時ユニバ到着
8時半ホテルのフロントに荷物を預ける。
9時半ユニバ入場
15時〜20時どこかでチェックイン(同時に預けた荷物受け取り)
24時就寝
翌日
6時半起床
7時朝食
10時チェックアウト(コインロッカーに荷物を預ける)
10時入場(混雑を避け遅めに)
20時退場
20時半コインロッカーから荷物出し
帰宅

 

以上のスケジュールで回った。

急ぐこともなく、ゆったりとユニバを満喫できた。こんなにゆるりとできたのは初めてだ。では事細かにゆるり具合を見ていこう。

なお、記事として紹介する場合は写真が必須な場面があるが、ユニバーサルとなると人も多く写真も撮りにくい。楽しんでいる方々の顔が映ってしまう場所や撮影行為が邪魔になる場面ではカメラを出していないため写真が欠けている部分だけはご了承を。モラルは守ろう!

1日目

8時ユニバ到着

ユニバに到着!

ユニバの駅から1駅離れた場所に車を止めユニバーサルシティー駅まで電車でGO

ユニバから1駅離れれば、1日千円を切る駐車場もちらほら存在する。安治川口駅付近のパチンコ屋さんの屋上(マルハンだったかな?)が1日700円で駐車可能だった。事前予約制なのだが、正直ガラ空きでいつでも止められそうな雰囲気だった。屋上以外の駐車スペースは遊技者用の駐車場だが、屋上は予約専用スペースであったため、とてもスムーズに車を預けられた。

ユニバーサルシティ液に到着。

8時半ホテルのフロントに荷物を預ける。

ホテル近鉄ユニバーサルシティーはユニバーサルシティーのユニバ寄り。駅からは徒歩2分ほど。

フロントで予約情報を伝えると、チェックイン前だが当たり前のように荷物を預かってくれる。パーク内のコインロッカーにキャリーケースを入れようものなら千円はかかる。嬉しいサービスだ。

ここでさらに嬉しい誤算。誤算?←語彙力

ホテル宿泊者限定のパスケースを頂いた。

よい。ホテル近鉄ユニバーサルシティと英語で刻印してある。

さらに宿泊者限定で当日の入場パスをホテルのフロントで購入できる。待ち時間は0だった。通常であれば入り口ゲート前でチケット購入の列に並び、購入後に入場ゲートに並ぶ。このくらいは覚悟していたが、1つ並ばなくて良くなった。

フロントにほとんどの荷物を預け、購入した当日パスをパスケースに入れユニバの正門へ!

9時半ユニバ入場

ほぼ並ばずにすぐに入場できた。

平日だったということもあるだろうが、我々が入場したときにチケットを求める人の行列は20分ほどだった。

ラッキ〜★

翌日にもユニバに行くことはわかりきっていたのでパーク内で年間パスポートにアップグレードしてきた。

ここで初めて知ったのだが、年パスライトというものが新しくできたらしい。普通の年パスよりもはるかに安い。

15時〜20時どこかでチェックイン(同時に預けた荷物受け取り)

1日目ユニバを楽しみ終えた。楽しみ方は人それぞれだろうからここで書く必要もないだろう。

とことん楽しんだ。

ホテル近鉄ユニバーサルシティはチェックインが15時からと比較的早い。年パスにアップグレードしたため、何度でも入場可能。19時頃に一旦チェックインした後に、人が少なくなるギリギリでツリーの写真を撮りに行った。(サムネの写真)

15時以降にホテルで休憩できるのはデカイ。

フロントです荷物を受け取り、お部屋へGO。

ホテルもお広い。綺麗。
諸事情のモザイクはお察しくda…
ホテル近鉄ユニバーサルシティは15階以上が高層階フロアとされており、それより下は運となっている。
私たちが泊まれたのはなんと。

なんと。

 

 

 

 

 

14KAI★

ニアニア高層階

夜景も綺麗に見えましたが痛恨の写真忘れ。
昼のならあったよ。
ほれ。

夜は綺麗だった。

泊まった人のお楽しみということで!

エントランスでは色々入ったものを渡される。これまたエントランスのクッキーモンスターとエルモだ。

なかを開けると
フロントカードキー(人数分)
翌日の食事券(人数分)
ホテルの過ごし方的な冊子(Wi-Fiキーあり)

朝はホテルから出たくなかったので朝食付きプランにした。朝食は後程。

ホテル内でWi-Fiが使えるのは当たり前かもしれないが嬉しい。インスタだろうな〜主な使用先って。でも、若い子はバンバンアップしたいよね。よいよい。

アメニティーは必要最低限。

可愛いボディーソープ。

シャンプー
リンス完備。
歯ブラシ
ボディースポンジ
カミソリ
クシ
ヘアゴム
綿棒

どれも可愛い。ユニバ仕様だ。

一応使わなかったものは戻しておいたが、フロントに聞いたところ消耗品は記念にもちかえりOK!可愛いスポンジだけもらって帰ってきてしまった。

なお、パーク終園後もユニバーサルシティは元気に生きている。ご飯、お土産、インスタ映えをゆっくり堪能できる。

高級店からリーズナブル、ファミレスなどもあるため、ゆっくり食事もできる。

24時就寝

おやすみなさい。

翌日

6時半起床

起床!フカフカのベッドからの起床は最高である。実に清々しい朝だった。

7時朝食

朝食なのだが、先ほどのチケット。

選べるバイキングシステムとなっている。
和食中心、洋食中心。
今回は洋食を選んだ。

残念ながらバイキング陳列風景は人が多く写真撮影はアウェイであった。
ちとセンスのない盛り付けのみでご勘弁を。

和食もたくさんあった。というか欲しいと思ったものがなんでもあった。食後のデザートにもケーキ、ヨーグルト、フルーツなど至れり尽くせりだった。

今度は和食を選んでみたいのだが、洋食コースで何も不便はなかったため、どちらを選ぶか迷いどころだ。

10時チェックアウト(コインロッカーに荷物を預ける)

朝食を終えたところでチェックアウト。

チェックアウトは11時と比較的ゆったり目である。

ここでもホテルのフロントではなかったが、ホテル内のコインロッカーに無料で荷物を預けられる。

500円台のコインを荷物の個数分頂き、コインロッカーを利用できる。チェックインチェックアウト時間にかかわらず、今日帰るまで入れておいていいという太っ腹なコインロッカーだ。

10時入場(混雑を避け遅めに)

10時頃に入場。ホテルの部屋の窓から入場風景が見えるため、空いたタイミングでチェックアウト。荷物を預け入場した。

昨日ひと通り回っているため急ぐ必要もない。写真に専念したり、あまり目立たない裏道を通ったりと、目標を有言実行できた。ゆったりユニバは最高だ。

その時のおまけ夜景写真↓

20時退場

20時に名残惜しくもユニバを退場。2日間お世話になりました!

20時半コインロッカーから荷物出し

今朝ほどにお借りしたコインロッカーから荷物出し。ホテルはパーク外にあり、ロッカーから荷物を取り出すタイミングもバラバラであるためロッカールームは全く混んでいると言うことはなかった。

帰宅。

電車で一駅で駐車場へ。

ユニバの話で盛り上がりながらの帰宅は本当に一瞬であった。

ここまで2日間ユニバを堪能できたのは初めてかもしれない。タイトルに格安と書いてしまったからにはお値段を発表せねばならない。

気になるお値段に参ろう。

格安?総額は?

駐車場700×2日間1400円
ホテル代朝食付き4700円×2人9400円
年パスライト19800円×2人39600円
50400円

今回の総額は50400円と言う金額となった。

 

ちなみに当日パスは7900円である。

2人で2日間行くとなると31600円。年パスライトは2人で39600円である。2日間行くとなると差額が8000円である。次回以降入場無料(除外日を除く)と考えれば安すぎる判断だと思う。

「なんだちょっと高いじゃねーか」

 

 

と思われる方いるでしょう。
だがしかし。ほぼ年パスライトの金額なのだ。1年以内に同じプランでユニバに行くとなんと一泊付で

10800円

なんか1万円プラス税みたいな感じになっちゃいますが、ほんとに交通費とこれだけでいける計算になります。
年末のプランでしたが、1月、2月、4月、8月、12月に必ず行くと言い張るやんちゃガールが隣にいますので、絶対引きずり回されるだろう。でも心配ご無用。お金ほとんどいらないんだから。

なお、筆者は中部圏からの旅行ですが、交通費はガソリン代のみ。電車で行っても片道1人3000円ちょいかな?
これから1年ほぼ無料でユニバ楽しみまくってきます!

まとめ

この記事がだれかの参考になれば嬉しいです。最初の初期投資が50,000円となってしまいますが、そこさえクリアすれば学生でも行けます!余裕で!

最後まで読んでくれてありがとうございました。また別の記事でお会いしましょう。

ばいばい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました