リボ払いは危険なのか【クレジットカード】

ファイナンス

 「借金をする」ということに不安のある方も多いのではないでしょうか。

日本のクレジットカードのリボ払い金利は大体どこでも15%です。法律上(貸金業法)によって上限が15%とされています。

年利15%で1万円をリボ払いで借りる場合、1ヶ月で125円の利息が付きます。
(年利15%÷12ヶ月=1.25%)

クレジットカード利率計算
《リボ払いの場合》
わかりやすく12万円の買い物を1年間で返済するというシュミレーションをおこってみましょう。

リボ払い年利15.0% 月利1.25%

 支払い月 支払い元金 利子 支払い金合計 支払い後残高
 1ヶ月目 10000 1500 11500110000
 2ヶ月目 10000 1375 11375100000
 3ヶ月目 10000 1250 1125090000
 4ヶ月目 10000 1125 1112580000
 5ヶ月目 10000 1000 1100070000
 6ヶ月目 10000 875 1087560000
 7ヶ月目 10000 750 1075050000
 8ヶ月目 10000 625 1062540000
 9ヶ月目 10000 500 1050030000
 10ヶ月目 10000 375 1037520000
 11ヶ月目 10000 250 1025010000
 12ヶ月目 10000 125 101250

利子総額は9750となりました。
金利は年間15でしたが実質8.125という結果になりました。

1年間12万円を借り続けなければ金利は金利は半分ほどになるということがわかりましたね。

リボ払いは危険!
などという記事をよく見かけますが、計画的に返済ができるのであれば全く問題はないのではないかと思います。

ただ、繰り返しリボ払いを利用すると、大変なことになりますよね。積もりに積もって返済不可能となることだけは避けましょう。返済できない場合は最悪ブラックリストに載ってしまう危険性も…

ご利用は計画的に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました