【8800円→3200円】iPhone 電池交換値下げ

Apple

各国で訴訟騒ぎまでおきた「電池劣化 iPhone の意図的な低速化」騒動により、アップルが保障対象外のiPhoneのバッテリ交換を大幅値下した。

保証対象とならない電池交換の料金を日本では8800円から3200円に引き下げることを明らかにし、アップルは処理速度が遅くなる理由を「電池の劣化で突然電源が落ちるのを防ぐため」と説明。利用者からは電池交換の選択肢を含め、事前に説明がなかったことへの批判が出た。アップルは28日、利用者の負担を軽減するために全世界で来年1月下旬から12月まで電池交換の料金を引き下げると発表した。 保証対象外のiPhoneのバッテリ交換を8800円から3200円にするとし、5600円の減額を発表した。2018年12月まで全世界で継続する方針だ。なお、詳細は近日中に発表するとしている。

Appleは昨年、iPhone 6 /6s(いずれもPlus含む)およびSEについて、意図しないシャットダウンに対する修正を加えたと返答しました。意図しないシャットダウンとは、バッテリーが古くなって性能が低下していたり、低温であったり、充電残量が非常に少なくなっている(つまり必要な電圧や電流値を供給できない)状態になっている場合に発生する突然のシャットダウン現象のこと。これを回避するために、あえてCPU性能をさげていたということです。

スマートフォンに限らずさまざまな機器で使われるリチウムイオンバッテリーは、使い続けると化学的に経年劣化する性質があります。「古くなると充電の保ちが悪くなる」のは一般ユーザーにも知られた現象です。

一方、バッテリーの劣化は容量の低下(駆動時間の短縮)だけでなく、出力の低下も招きます。スマートフォンを含むコンピュータ一般はアプリの起動時など特定のタイミングで瞬間的に負荷が高くなり、大きな電流を消費しますが、バッテリーが非常に劣化していたり、気温が極端に低かったり、残りバッテリー容量が少ないなどで充分な電圧を供給できない場合、データの破損などを防ぐため、電源管理システムが端末をシャットダウンすることがあります。

ユーザーからすると、(バッテリーがまだ残っていたのに) 操作中にいきなり電源が落ちた!となる現象です。システムを保護するための挙動ですが、バッテリーや環境によっては再起動しても頻繁に電源が勝手に落ちる状態になり、まともに使えなくなる恐れもあります。

アップルはこの問題に対処するため、2017年1月の iOS 10.2.1 で iPhone 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE を対象に、必要な場合は特定のタイミングで処理速度などを制限してピーク負荷を抑えることで、いきなり落ちることを防ぐ対策を導入しました。この対策は iOS 11.2 から iPhone 7 / 7 Plus にも導入済みです。

アプリの起動やスクロールなどが遅くなることがあるものの、ユーザーエクスペリエンスからは突然の電源断で着信を逃したり、緊急連絡ができなかったり、写真を撮り逃したり、シャットダウンが頻発して使えなくなることのほうが避けるべきとの判断です。

こうした電源管理はたとえばPCでも、残りのバッテリー容量や出力、処理に応じて速度を制限するスロットリングや、画面の明るさを落とすといった対策として古くから導入されており、アップルやスマートフォンに限った話ではありません。

しかし一般には、「バッテリーの経年劣化=容量の現象=駆動時間の短縮」と理解されているのも事実。画面には残り駆動時間の目安があるだけで、「バッテリーがヘタっていつ急に落ちるか分かりません。防ぐため最高速度を抑えています」といった警告や、「システムを保護するためシャットダウンしました。再発を防ぐにはバッテリーを交換してください」的な説明はないため、ユーザーには何が起きているか分からず、バッテリーを交換すれば駆動時間だけでなく快適さも変わることは分かりませんでした。

このため、アップルが「速度制限は突然の電源断を防ぐための仕組みでした」とコメントしたあとでも、「アップルが古い iPhoneを意図的に遅くしていることを自白した」「電源断云々は言い訳で、本当は新しい製品に買い換えさせるためにやっている計画的陳腐化に違いない」といった非難が相次ぎました。

Apple公開文書

 

 

と、まじめに語っていますが。

 

バッテリ交換安くなったんならそれでええんちゃう??
僕自身そんなちっちゃいことで騒ぐ暇がない笑
今までバッテリの劣化で速度低下を体感した人は何人いるのだろうか?

さらには、このバッテリ交換の値下げによってiPhoneを修理する民間企業に影響が出ていることはご存知だろうか。
[iPhone修理工房 東京 池袋本店]さんより

民間企業となるとこんなにも高いんですね。
早い代わりに。

ちなみに無償交換ってどうしたらできるの?
って質問多いんですが、劣化によってバッテリのMAXが50%以下になったらです。
わかりにくいですよね。(語彙力ひくめw)
僕は「Battery Doc」というアプリを使っているんですけど、ここで確認できます。

上のCurrent Capacityが現段階の電池残量。充電により100%から0%まで上下します。
下のCapacity電池の非劣化部分。僕のiPhone7は8%の劣化が確認できるというわけです。
発売されてすぐに購入したものですが、まだ92%も残っているんですね。50%をきるとなるとかなりのヘビーユーザーでないと厳しいです。

まとめると、私たち一般ユーザーが気がつかないレベルの速度低下のおかげで、民間企業が悲鳴を上げるほどバッテリ交換が安くなった。
と、ポジティブに考えるのがいいのではないでしょうか。

終わり方雑ですまんな。
ほんじゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました